• 看護部TOP
  • 看護部ご案内
  • 看護部の紹介
  • 看護単位
  • 教育体制
  • 看護師採用

長崎病院の教育Educational

一人ひとりがどのように看護実践を重ねてきたかを基盤とし、個人の能力を尊重するということを教育の基本的考え方とし、ジェネラリストとしての自律を支援しています。各個人の能力修得レベルに応じた教育プログラムと、現場での支援、自己学習環境の提供を考えています。


院内教育の種類

1. 能力修得段階(キャリアラダー)別研修

国立病院機構の「看護職員能力開発プログラムVer2(ACTyナース)」を基盤としたプログラムで構成されています。看護職員の能力修得レベルに応じて学習し、各レベルで求められる能力を修得することで、国立病院機構の役割を果たすために求められる看護師としての能力を養うことを目的としています。

2. 役割別研修

看護管理者や各委員会活動での役割を遂行するための学習を行い、キャリアアップしていくことを目的としています。

3. 職種別研修

国立病院機構に勤務する療養介助職・看護助手としての役割を果たし、より質の 高い看護サービスを提供するために必要な能力を養うことを目的としています。

長崎病院の能力開発(研修)体系図

各個人の発達レベルに応じた教育プログラムにて、教育を行っています。この他にも、役割別・専門看護コースがあります。
レベルIコース
職場への早期適応と看護実践者として基本的能力を養う。
レベルII前期コース
看護実践者としての基本的能力を基盤にして、対象の状況に応じて看護実践ができる能力を養う。
レベルII後期コース
看護実践者として個別性を重視した看護実践ができる能力を養う。
レベルIIIコース
看護実践者としての役割モデルになることができる能力を養う。チームリーダーとしての役割を果たす能力を養う。
プリセプターコース
プリセプターの役割を通して、新人看護師の成長を支援できる能力を養う。
WLBコース(子育て支援)
生活と仕事の調和を図り、自己のキャリア開発につなげることができる。育児休業後、医療や看護の現状を理解することができる。

平成29年度 院内教育年間計画

1. 能力修得段階(キャリアラダー)別研修
コース名目 的主な内容
レベルI看護実践に必要な基本的能力を習得する。基本的な知識技術
看護実践のまとめ
レベルII 前期プライマリーナースとしての責任を持ち、
指導を受けながら根拠に基づいた看護を実践することができる。
護過程の展開
メンバーシップ
レベルII 後期対象のニーズを捉え、根拠に基づいた看護を実践する。
自己の課題を見出し、後輩と共に学習する。
ケーススタディ
リーダーシップ
レベルIII患者の状況に応じた看護判断し、個別性を重視した看護を実践する。
看護実践者として役割モデルとなることを通し、後輩に支援的役割を果たせる
問題解決過程
看護実践モデルの考え方
ケーススタディ

2. 役割別研修
コース名目 的主な内容
プリセプター看護実践者として、後輩に支援的役割が果たせる。
看護実践者として自己の成長を実感できる。
後輩育成の考え方
コーチング・ティチング
副看護師長副看護師長としての役割を認識し、組織の目標達成に向けて、
看護師長のサポートをして担当部署の看護管理ができる能力を養う。
コンピテンシー
看護管理過程
護師長看護師長としての役割を認識し、組織の目標達成に向けて、
担当部署の看護管理ができる能力を養う。
コンピテンシー
看護マネジメントリフレクション

3. 職種別研修
コース名目 的主な内容
療養介助専門員療養介助専門員としての役割を理解し、遂行できる能力を養う。
患者の状況に応じて介護展開し、個別性を重視した介護ケアを実践する。
療育活動の理解
チームアプローチ
ケーススタディ
看護助手当院の果たす役割・機能を理解し、
看護チームの一員として看護助手の役割を果たす能力を養う。
職員としての基本的姿勢と態度
安全・感染